マイスター列伝3【今井 健先生(東京江戸川区)】~子どもを産むにはまず母体のケアを~

不妊治療というと、体外受精、タイミング法などを想像される方も多いのではないでしょうか?しかし治療家業界では、鍼灸や骨盤矯正などを用いて、「妊娠しやすい身体作り」からスタートだと考えるのが基本とされています。

その「不妊のカリスマ」と呼ばれる、東京都江戸川区にあるGAIA鍼灸整骨院院長今井健先生からお話を伺いました。

美容師から治療家への転身


−この業界の中でも他業種からの転身組がたくさんいます。特に今井先生は変わった経歴の持ち主だと思うのですが・・・


今井先生:はい、もともとはドクターにになりたかったのですよ。中学・高校時代は医者になりたくて、まあ勉強していたのですが、ちょっと遊び呆けてしまって・・・(笑)ちょっと医学部難しいなあということになったのです。まあ割とファッションとか髪型とかスゴい好きだったのと、ずっとサラリーマンにはなりたくなかったのです。そこで自分の好きなことということで、美容師をやったのです。

 

美容師を6年くらいやった後、私の兄が鍼灸師で鍼灸院をやっていて、よかったら一緒にやらないか?というふうに誘いを受けたのです。兄は鍼灸師だったので、私は柔道整復師を取ったのです。

 

−その後お兄さんと一緒に治療院をやられてから、東京に出てきたのですね。

 

今井先生:はい、今はもう別々です。よくある話ですけど、ケンカ別れをして、兄は岡山の田舎の方でやっています。私は東京に出てきて、何年か修行をして、5、6年前に独立したのです。

女性だけでなく、お子様の扱いも慣れたもの

不妊治療に対する想い

-不妊治療を専門にしたきっかけをお聞かせください。

 

今井先生:不妊の患者様が増えてきたということと、鍼治療をする上で女性には鍼が一番合っているのでは?と実感したからです。

鍼はからだを温めますから、それが冷えを取ったり、体質改善になるので女性の疾患治療に向いているなと。

不妊に関しても、血流改善だとか全身を整えるって大事なことなので。

 

 

−ご自身もお子様がいらっしゃるではないですか?

 

今井先生:はい。ただ私、実際一人目の子どもを切迫早産で亡くしているんです。子どもはわずか10日で他界してしまったのです。

NICUに子どもが入っていたんですが、その際、500グラムほどで産まれる子たちがたくさんいるのを目の当たりにして、結構多いんだなと実感しました。

わが子もそうでしたが、生まれてくる子は親を選べないですし、やっぱり親の責任として自分がいい状態で子どもを産んであげる、そこが大事なんじゃないかなと。

そのお力になれればと思って不妊治療を始めたというところがあります。

 

 

治療家としての苦労とは・・・

−日々患者様と接していてどのようなご苦労がありますか?

 

今井先生:治療院ではその場だけの治療になってしまうので、治療に入る前に必ず30分以上カウンセリングをし、普段自宅など自分でやってもらうことをお話しています。

治療時間や自己管理などのタイムマネージメントをお伝えするのですが、そのあたりができていないとやはり結果がでないっていうのはありますね。

さらにその辺をカバーするセルフケアや自身で気を付けることなどもお話しますが、患者さん自身なかなかコントロールできなくて・・・結果よくならない・・・という。

 

−そうした点に対してのアプローチの方法など、工夫されていることを教えてください。

 

今井先生:例えば予約などは前もってどんどんこちらから提案して取るようにしてもらったり、

知識を身につけてもらう講座を開いたり、ご自身で実践できるようなワークショップをしたり。

ただ、それも任意なのでなかなか来てもらえなかったりもありますけどね。(苦笑)

-せっかくの提案が生かされないという

 

今井先生:そうですね。

 

 

−”いいからだの状態で産んであげる”ということ。そういった視点が大事なんですね。

 

今井先生:はい。それを強く感じています。

 

 

 

治療家としての使命とは

-最後に、治療家として仕事をしていく上での使命などをお聞かせください。

 

今井先生:僕が常に思っているのは、一般の方もそうだけど、治療家はやっぱり正しいことをやっていくということ。

これからの後世のために、今自分がやんなきゃいけないことっていっぱいあって。

環境汚染とかもそうだし、生まれてくる赤ちゃんには母親、母体のいろんなものが出ちゃうんですよね。

だからアトピーとかも多いし、アレルギーの子が多いっていうのはそこにあるので、

これからの子たちに残していくものをよくしていきたい。

啓蒙活動じゃないですけど、そういうことを伝えながら治療していきたいというのが一番にありますね。

 

 

風貌からは想像できない(失礼しました!)優しい笑顔の今井先生。

全ての女性に、地球に優しい世界を目指して。日々治療に取り組んでいらっしゃる姿・・・素敵です♡

 

 

 

今井 健(いまい たけし)

出身。一般社団法人日本施術マイスター養成協会認定猫背矯正マイスターⓇ、協会認定講師。

東京都江戸川区のGAIA鍼灸整骨院院長。

不妊・婦人科疾患に特化した鍼灸治療と、猫背矯正から派生させた産後骨盤矯正により、多くの患者様だけでなく同業者、そして産婦人科医師からも圧倒的支持を得ている。

現在、鍼灸整骨院を経営する傍ら、月に2度、広島県の産婦人科で不妊治療に当たっている。